歯科衛生士
心理カウンセラー
杉元 信代
歯科衛生士として臨床に携わりながら、心理カウンセリングやアサーショントレーニングを学ぶ。医院スタッフの育成について30年以上のキャリアをベースに歯科医院内の教育に関する著書を多数出版し、各種セミナー指導実績を持っている。
医療法人孝徳会 イトウ歯科クリニック
マネージャー
伊藤 夕里亜
1999年より福岡県古賀市の「イトウ歯科クリニック」マネージャーおよびカウンセラーとして勤務。2007年にオーソモレキュラー栄養療法(分子栄養学)に出会い、歯科診療に取り入れ多くのカウンセリングを行う。現在は医療法人孝徳会の理事、栄養カウンセリングを担当。
森永歯科医院
院長
森永宏喜
1992年に出身地の南房総で森永歯科医院を継承開院、「健康増進型歯科」をテーマに掲げる。2012年にオーソモレキュラー医学と出会い、歯科と栄養、アンチエイジングを結びつけた診療スタイルを構築し情報発信を始める。2015年には、世界120か国以上に2万6千人の会員を擁する米国アンチエイジング医学会で日本人初の認定歯科医師となり、継続的に情報を収集・発信。
桜桃歯科
院長
上田裕康
1995年10月桜桃歯科を岐阜県各務原市で開院。「『桜桃歯科に行ってダメなら仕方がない』と言われる歯医者さんでありたい」という経営理念の元、患者様の幸せと患者様から信頼される医院作りに日々取り組んでいる。
医療法人社団ひまわり歯科
理事長
北澤 敦
日本歯科大学新潟卒。日本インプラント学会認定、インプラント専修医取得ほか日本産業カウンセラー協会認定、産業カウンセラー資格取得など歯科医の資格以外にもカウンセリングを大事にした治療で患者様の絶大な信頼を得る神ドクターである。技術と心の両方を「診る」のがリピーターの絶えない秘密。
若松歯科医院
院長
小島理史
大学卒業後は総義歯補綴学に籍を置く。卒業後、埼玉県三郷市にて若松歯科医院を開院。開院後、これまで一般的であった対処療法を行う歯科医療のあり方に疑問を抱き、「歯周初期治療の定着こそが、街医者の責務」と考え、患者教育に尽力する。現在は『歯科塾YOBOU』を主宰し、『知識を与えて全身疾患までも防ぐ』=『与防』をテーマに、地域密着型歯科医院での歯周初期治療の定着を目指して活動し、高い評価を得ている。
中目黒コヤス歯科
院長
小安正洋
時代の流れを的確に読み、現代ならではの経営方法を確立。その手法はSNSを使ったものだが、ノウハウがシンプル化されており、万人に真似することができる再現性も備えている。さらには、集患した患者の顧客単価をあげるコンサルトークもシステム化して、開業から短期間ながら自費率50%という業界でも異例の数字を叩き出すことに成功している人物である。
インビザライン・レッドダイヤモンドプロバイダー
歯科医師
伊藤剛秀
マウスピース矯正の症例数(成約数)を1年で約10倍に増やし、日本一を誇る歯科医師であり、超音波で矯正期間を短縮する装置を日本で初めて開発。新規の患者様のみならず、他医院で成果が出なかった患者が多く訪れる。口腔内にとどまらず、全身を診る歯科治療には定評がある。 2020年「Invisalign RED DIAMOND PROVIDER」受賞。
医療法人社団しん治歯科医院
事務長
高橋翔太
大学卒業後、一般企業にてSE業務、証券業務などに従事し、WEBマーケティング会社を自身で設立。その後、しん治歯科医院へ入局。事務長として院内の仕組みづくりから経営戦略の立案、人材戦略の整備に尽力する。院長と共に「予防歯科」の普及のためセミナー、コンサルティングに従事。
医療法人社団しん治歯科医院
理事長
高橋伸治
1985年徳島大学歯学部卒業。1990年しん治歯科医院開設。我が国における予防歯科黎明期より、歯科医療の在り方として「予防歯科」の確立に尽力し、今日のしん治歯科を作り上げる。現在は講演活動などを通して予防歯科普及のため尽力している。